振袖を綾なす 意匠

振袖の意匠は、単に美しいデザインというだけではなく、それぞれに深い意味があります。植物、動物、器物や幾何学模様などおめでたい吉事を願う形として描かれています。祝意を表して、礼装のきものや帯に用いられます。健康長寿を願う「鶴亀」や「菊」。お祝い事にかかせない「熨斗(のし)」。「葡萄」「唐草」などは子孫繁栄。「牡丹」「七宝」「御所車」「扇」などは富貴と栄達。「鴛鴦(おしどり)」「貝合せ」などは良縁、夫婦円満。それぞれの絵柄は、めでたさ、縁起の良さを意味として持っているのです。振袖のデザインは身につけることで、着る人の幸せを願い祈る文様でもあるのです。

二十歳を祝う振袖は、ただ美しいだけではありません。日本の誇る染織の技。ひとつ一つに意味を持つ彩りと意匠。人間の情熱が凝縮された一枚なのです。あなたの装う振袖に込められたたくさんの思い。もう一歩踏み込んで、もっと深いその魅力に触れてみてください。

 

  桜

桜は古来より多くの人に愛され、桜会、花見など宴などが催されてきました。文様としても平安時代から衣服や工芸品に広く用いられています。桜は「咲く」に「ら」という接尾語がついたもので、花と言えば桜を指すほど、日本の花の代表でもあります。永遠の美しさの象徴は、晴れの門出を祝福するものにふさわしい振袖の文様です。

 

意匠/ぼたん  牡丹

大輪の華やかな花を咲かせる牡丹。姿形もさることながら芳香も素晴らしく、別名、花々の王、百花王と呼ばれています。富と財力を象徴する花でもあることから、富貴花と呼ばれました。また家紋の牡丹紋は徳川時代には菊紋、桐紋、葵紋につぐ権威がありました。現代では振袖の意匠としてかかせない文様です。

 

意匠/七宝 七宝繋ぎ

七宝とは、金、銀、瑠璃(るり)、波璃(はり)、珊瑚、瑪瑙(めのう)、真珠の七つの宝をいいます。七宝繋ぎ文は、輪つなぎの一種で、円形を四つ重ねて繋いだ連続文様のことです。四方に輪が広がっていくところから四方となり、四方が七宝になったともされています。輪が途切れることなく永遠に広がることから子孫繁栄などを祈る文様です。

 

意匠/青海 青海波

青海波(せいかいは)は、同心円状に重ねた半円の形が、鱗のように連続している波の様子を表す紋様です。雅楽のひとつだある慶賀の舞「青海波」の装束に用いられた文様が起源といわれています。四方を海に囲まれた日本で、大漁の海の幸を運んでくれる穏やかな波のしるし。幾何学的な構成がモダンなイメージのデザインです。

 

意匠/熨斗 熨斗

熨斗(のし)とは、慶事に贈答品に添える飾りのことです。元々は、長寿を表す鮑(あわび)が縁起物とされ、神様にお供えしたのが始まりとされています。振袖に表される主な図柄は熨斗鮑を図案化したもので、束ね熨斗、抱き熨斗などの流麗で格調高い文様があります。お祝い事にかかせない熨斗は健康長寿の象徴として伸びやかに衣を飾ります。

 

 

The following two tabs change content below.

カナヤ呉服店

庄内で振袖・一般呉服・七五三まで着物の事ならなんでもお任せ!スタジオ完備で思い出のお写真の撮影もお任せ!

最新記事 by カナヤ呉服店 (全て見る)